<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

№031 2015年16回目 

c0335421_21094490.jpg
今日は条件が色々と重なってデカニジが釣れる可能性が高いので無理をして行ってきた。
c0335421_21095008.jpg
過去に魚をかけたところを重点的に周るも予想に反して何も無い。
8時頃から雨が降り出し、やんだのは13時頃。雨の降り出しと止んだ時はいい思いをした事があるので集中するも何も無し。
c0335421_21095546.jpg
イブはカゲロウ?っぽい虫もハッチし、期待したが何にもなかった。
暗くなった中、とぼとぼ車に帰り、深いため息をつきながら道具を片付けた。
ぐはぁ~。

2015年9月27日


[PR]
by sawayakasawade | 2015-09-28 21:12 | 釣行 | Comments(2)

№30 2015年 15回目

c0335421_09123734.jpg
先週は息子・今週は娘と釣りに行こうとすると熱がでる。無理して釣りいっても心配で集中できないし、気持ちも良くないので自粛。病院に行って一日が終わり・月曜日にようやく熱が下がり元気になったので釣り。
混雑しているので大場所は避け、小さなポイントを拾いながら釣りをする。小さな虹鱒は釣れるけど良いサイズはでなかった。
8時頃食い気が立ち、40後半のライズに遭遇したけどかける事ができなかった。残念。
c0335421_09124415.jpg
2015年9月21日 夜明け 4:45分


[PR]
by sawayakasawade | 2015-09-22 09:58 | 釣行 | Comments(0)

№029 サワヤカサワデーパクリロッド

俺はマイザーフライロッドの大ファンである。初めてブログで見た時は衝撃的だった。

メチャクチャかっこいいグリップ。
ウッドのリールシート。
カラフルなラッピング。
そしてフェザーインレイ。

もう欲しくて身の回りのロッドやリールそしていつかまた音楽をやろうと思って大事に保管していたエレキのバイオリンとアップライトベースを処分してこんな感じでって画像を添付してロッドをオーダーした。

噂では聞いていたがまったく違うロッドが届いた。それでも十分すぎるほど嬉しかった。

今度こそは指定通りに作ってくださいという感じで2本目のロッドをオーダーしたのは2年前だったかな?
届いたロッドは指定の色がまったく入っていないしこんな感じだった。

c0335421_21475619.jpg
このフェザーインレイをみて自分でロッドを作ろうと決めた。せめてジャングルコックは綺麗な物を使って欲しかった(泣)
そういえばなかなかメールが返ってこなかったので聞いてみたら「遠くに釣りに行って忙しかった」って言ってました。おぉ~そうか、そうならしょうがない(泣)

周りにロッドを作っている仲間はいないけど、現代は情報化社会。ググれば沢山ロッドの作り方は出てくる。どうしてもわからない事はショップで教えてもらった。そして色々失敗をくりかえし今回が3本目。

c0335421_21550495.jpg
グリップはこんな感じにして
c0335421_21554268.jpg
ラッピングはオレンジ、ゴールド、レッド。そしてちょっとだけどグラデーションにした。

c0335421_21564644.jpg
そしてフェザーインレイは虹雉にチャテラー、ホットオレンジのハックルにジャングルコックにマコーを入れた。
本当はグラデーションにマリーしたクイルを入れる予定だったけどエポキシにつけるとうまく色がでなくてこんな感じになってしまった。色々クイルは試したけどマコーのクイルはきれいに色がでた。
c0335421_22011079.jpg
そしてリールを装着してブログ用に写真を撮っているとまたまた衝撃な事に気がついた!
リールを装着したらフェザーインレイがロッドの中心部ではかなり位置がづれている事にきがついた。
おぉ~(泣)なんてこった。最初にフェザーを入れる位置を確認したけどクイルがうまく色がでなくてアタフタしているうちにずれてしまったようだ。

気になるコストはざっくり全部で28000円。(ほとんどヤフオクで仕入れました)
制作時間は20時間程度。

冬に低番手のロッドを作ろうと思うので詳しく書こうと思います。












[PR]
by sawayakasawade | 2015-09-08 22:25 | 竿作り | Comments(2)

№28 バッタ

今週は釣りに行きたかったけど、雨で断念。日中は家族サービスをし、夜は釣竿つくったりフライを巻いていました。
c0335421_20592489.jpg
この鳥の名前はわからないけど前からいい毛が生えてんなと思っていた。
c0335421_20592918.jpg
メタリックで張りもあり、かつ水通しも良さそう。
c0335421_20591897.jpg
この毛をボディーに使用してスペイフライを巻いた。
普段、魚や虫を意識してフライの選択をせず、水色や底の色、天気に季節、何より流れを見てフライを選択している。例を上げると速い流れでは重いフライ、緩い流れには軽いフライみたいな感じで。
今年は少しそこらへんにいる虫を意識して秋の釣りをしようと思う。そこでバッタフライを巻いてみた。全然バッタに見えないかもしれないがこれ位が俺には丁度いいと思っている。
がしかし、秋は行事がてんこ盛りであまり釣りに行かないかもしれない。めちゃくちゃ行きたいんですが(泣)

[PR]
by sawayakasawade | 2015-09-06 21:23 | Fly Pattem | Comments(0)