晩秋と初冬のフィールドにて


c0335421_08423567.jpg
11月1週目はなぜか今日はデカイのが釣れるような気がする~と予感していたのでソワソワしながら身支度をしてフィールドへ。ライン回収時に「根かりのような当り」で一瞬緊張感を味わったけれど次第に違和感を感じ、ライズした瞬間正体が判明。スレがかりの鯉だった。体高や尾びれは凄いけれど案外おとなしい魚だった。このポイントで見かける事はあったけど10年通って初の出来事。
c0335421_11102609.jpg
11月2週目は私の「ロッドを買います」といって普通にいつの間にかマイザーを買う裏切り者の後輩(笑)と1泊2日で釣り&温泉旅行。あいにくの大雨で止水になると思われたけれども、ギリギリ回避。今年はこのパターンが多かったような気がする…。
c0335421_08431605.jpg
天気的には小雨&曇りで最高のコンディションだけど水温は8度とスイングの虹鱒釣りには少し微妙だったけど低気圧の力をかりてLLサイズと遭遇。

c0335421_11100333.jpg
この時期なので虹鱒本来のファイトではなかったけれど、リールの逆転音と心臓が痛くなるような緊迫感はたまらない。そして魚を浮かせて虹鱒の姿をみると緊張感はさらに加速する。最後の抵抗で首を振りフックを外そうとするオスの虹鱒をねじ伏せてネットに収めた時の達成感というか安堵どというか言葉には表すと「ヨッシャー!」って感じで当分は嫌な事があっても笑っていられる。
c0335421_11103528.jpg
そんな訳でシーズンラストの虹鱒狙いの釣行は理想的な形で終了した。欲をいえば3Lサイズもしとめたかったけどそれはまた10年後かな(笑)

c0335421_11101840.jpg
3週目は道央の本流へ出かけたのだけど風の存在感が強すぎて私にとって近くて遠いフィールドである止水へ大きく移動した。昼頃到着して見ると波は穏やかだったので出来る限り静かに釣りをする事を心がけてスネークロールでキャストを繰り返す。
c0335421_11101107.jpg
c0335421_11110836.jpg
14時30分頃に着水して一引き目で重みを感じるファイトはアメマス、イトウに似ているかな?Lサイズ前半のブラウンだったけど私には十分。いままでまともにこの湖で魚を釣る事ができなかったので単純にうれしかった。
c0335421_15033165.jpg
4種目も止水へ足を運んだ。波は微妙だけど水は動いているようだ。天気的にはバッチリでこんな感じで雰囲気はいいんですけどね…
c0335421_15035169.jpg
湖畔で食べるランチはカップラーメンでもおいしくて気分がよかった。来週からは見た目の問題で使用していなかったバスケットを使って見ようと思う。飛距離が伸びれば釣れるのだろうか?魚が近くにいれば逆に釣れなくなるかもしれないけれど…
c0335421_15044356.jpg
そんな訳で11月は毎週釣りに行かせてもらった。毎週釣りにいけた月は何年ぶりかはわからないけど週末になるとフィールドの事を考えるだけでも心躍るようだ。今まで本流一筋だったけれど風に天気、ラインにフライにキャスティング、ティペットに立ち位置など考える事がたくさんある
風次第だけれど来年の6月まで通うかもしれない。

2018年11月









[PR]
# by sawayakasawade | 2018-11-26 15:10 | 釣行 | Comments(0)

10月も本流へ

c0335421_08183358.jpg
 9月は会社でのトラブルに台風そして震災で殆ど釣りには行けなかったし、記憶に残るような魚も釣れなかった。かなり水位は低かったようなので行きたかったがこればかりどうしようもない。10月は特に大雨も降らず、トラブルの無かったので3回も釣りに行けた。

c0335421_08193010.jpg
 そんな訳で10月はいつもの川に通って1週目に悔やんでも悔やみきれない特大のやつをバラしてしまった。2週目は紅葉の終わりのピークで落ち葉相手に奮闘した記憶がある。もうアンカー打つだけで落ち葉が針に刺さってような気がする。
c0335421_08184365.jpg
 3週目はドピーカンの天気予報だったけど恵みの通り雨にあたり、1週目にバラしたポイントで何とか1本とることができた。できればこの前バラした鱒との再戦を熱望していたけれど叶わなかったが、何度もラインを引き出してゆくスリリングなやり取りを制した後は帰りの長い運転も苦にはならない(笑)
c0335421_08202804.jpg
4週目は仕事と珍しく副業が忙しかったので自粛した。
c0335421_08200120.jpg
2018年10月


[PR]
# by sawayakasawade | 2018-11-06 14:15 | 釣行 | Comments(0)

8月も雨

c0335421_07193901.jpg
8月1週目
土曜日は16時頃まで用事があったので夕方に家を出発して夕マズメと朝マズメを楽しんで帰るプラン。
夕方に狙っていた支流との合致はウグイの大群でハズレだった。その他のポイントは水温が高すぎて釣りが成立しなかった。
 翌日、本流は濁っているし、期待していた支流との合致は外れだったし、昨日食べたラーメンが口に合わなかった事等のダメージの蓄積が大きすぎてモチベーションは低いままだった。
3時にアラームを設定したけど起きたのは4時半で安定の寝坊。


水色を見るとやる気がなくなるので見なかった事にしてブラックキングを結ぶ。
スイングで釣れる事はないから流れきってからのリトリーブ勝負と思って完全に油断していた。
フライを奥の流れに乗せて一発大きめのメンディングを入れて放置する事1秒未満でリールが逆転。嬉しいサプライズだった。
c0335421_06363211.jpg
c0335421_06364901.jpg
8月2週目
c0335421_21531817.jpg
 水曜日から天気予報とテレメーターを何度もみて道北に行こうかと思ったけどそのまま実家の函館まで帰らなければならないので道央の本流に行く事にした。天気予報とテレメーターを確認して大丈夫と思っていたけど前日の夜にまとまった雨が降り、結局濁ってしまった。
 それにしても朝起きれない。また寝坊してしまった。支流との合致で頻繁にライズする魚を狙っていたがまったく相手にされなかった。ライズの主は虹鱒だと思っていたけどサクラだったかもしれない。この日はノーバイトで終わってしまった。
c0335421_21534574.jpg
3週目・4週目は雨や用事で釣りにいけなかった。1本良いのを釣る事ができたけど平成最後の夏もたいした釣りに行けず少し残念な気持ち。画像の花火は岩見沢市北村の花火。この花火をみると夏も終わりなんだなと思います。

2018年8月




[PR]
# by sawayakasawade | 2018-09-25 15:45 | 釣行 | Comments(0)

雨の7月

 
c0335421_16133679.jpg
 6月は雨が多かったけれど7月はもっと多かった。7月の1週目はどうしてもフィールドに行きたかったので支笏湖にキャス練に行った。天気は雨で水温も絶望するほど高くはなかったと思うけど結局いい魚には出会えなかった。キャス連なのだから当たり前の事ですが…
 雨は2週目も降り続いて3連休も自宅待機でタイイングや物作りを楽しんでいたけど釣りに行きたかった。
c0335421_16134935.jpg
 7月後半も飲み会やら仕事でフルで釣りはできる日は1日も確保できなかった。ハイシーズンなのにかなり残念だった。
c0335421_16140267.jpg
 去年トロフィーを取ったドン深の瀬に訪れたけれど7月前半の大雨で普通の瀬に変わって残念極まりなかった。白濁してスイングの釣りには不向きの水色だった。支流・上流部で大型の工事をしているらしいのでまた1年は難しいかもしれない。

c0335421_16135614.jpg
不完全燃焼の7月でした。
2018年7月

[PR]
# by sawayakasawade | 2018-08-03 15:51 | 釣行 | Comments(5)

6月は本流へ

c0335421_16231645.jpg
 月曜から暇があれば水位を確認していた。久しぶりに虹鱒を相手にスイングの釣りが楽しめる季節。金曜日仕事を終えて釣りに行こうとしたら娘がまさかの39度。こればかりどうしようもない。

 6月上旬は30度近い日もあったのだけど私が釣りに行けた日は日中も一ケタ台という日もあり、人間には厳しいコンディションだった。キャンプ場で6月の2週目と3週目は車中泊したけど早朝の外気温は両日とも2度だったが、大した休みもせず13~14時間釣りをしてしまったのでグッスリ寝る事ができた。そんな人間とは関係なく、水の中の魚には関係なかったようでグットサイズとの遭遇も数回あった。頃合いを見て合わせを入れると抜けるし、合わせをい入れないでファイトすると外れてしまう。バラしに苦しんだ6月だった。
c0335421_16235883.jpg
 そんな中、今まで古典的なフライばかり使ってきたけど、錘の入れてあるウーリーバーガーを使ってみた。姿勢は抜群に良いし、「パツン!」って感じで水の中に入るので着水してから数秒でのアタリ増えた。錘の入ったフライは全然違うものだと感じた次第。簡単にターンするので今より遠投も可能。買ったビーズヘッドがフックに入らなかったので鉛になってしまったが、今度はビーズヘッドを買い換えてもっと重たいフライを巻こうと思う。
c0335421_16235060.jpg
 4週目はホームの川に訪れたけれど水は多いし、流れも速すぎるので「スイング」しているというか「ただ流れている」だけだと思ったので移動する事にした。記憶は定かではないけれどおおよそ8年ぶりに中規模の本流を訪れた。2年前の洪水で川幅が大幅に広くなったけれどゴミもなく、流速も心地よいポイントが多く気持ちの良い川だと思った。
 20~30cm位の魚はよくかかるのだかジャンプしてフックをハズされてしまう。相手は虹鱒だと思っていたが、キャッチして見てびっくり。相手はウグイだった。ジャンプしてフックを外すウグイ達は初めてで関心した。
c0335421_16232826.jpg
 夕方は中州に渡って釣りをしていたけどある時間を境に反応が異常に良くなった。何か違和感を感じながらも反応が良いので夢中でスイングさせていたらまずまず魚をかけた。その魚とは1分程度のやり取り後、残念な事に手元でロッドは跳ね上がってしまった。足場が悪くて強引に寄せすぎた。そして周りを見渡すと急激に増水している事に気づく。夢中になりすぎてダムのサイレンを聞き逃してしまった。今なら帰れない事もないけれど反応が良いので中州に留まり続けるか本気で悩んだけれでも安全を第一にして竿をたたむ事にした。
c0335421_16232264.jpg
まだまだやれる時間帯だったのでかなり残念だった。
それにしても今年は雨が多すぎて一本流ファンの私には厳しい年になりそうです。
c0335421_16233699.jpg
2018年6月

[PR]
# by sawayakasawade | 2018-07-12 16:25 | 釣行 | Comments(0)