5月は朱鞠内湖

c0335421_16055192.jpg
5月12日
ゴールデンウィーク明けの土曜日は去年から朱鞠内に行こうと思っていた。できればイタリア半島まで歩いてゆきたかったが、急激な増水で断念し、北大島に渡る事になった。朱鞠内に到着するとまだ冬の名残りが点々と。さすが-41.2度をしつこくアピールしているだけあると思った。
c0335421_16071795.jpg

僕らはMAXする自信がなかったので朝ゆっくり出発して昼前到着から最後までの予定。
先に釣りをしていた先輩からは状況が良くないと伺っていたが、渡船自体初めてで見る風景すべてが新鮮だったのでその先には希望しかなかった。
それにしても2年ぶりに朱鞠内湖を訪れたけれど景色は日本離れしていて最高だね!
c0335421_16194638.jpg
結果は非常に厳しかった。それでも自分にとって新しい試みをもってタイイングしたフライの動きが想像以上に良かったので釣れる気がしていた。
濁りは大物の警戒心を薄くするのでチャンスだと思っていたけどこの湖ではそうでもないらしい。
ルアーの方がイトウを釣り上げていたので僕の釣り方を間違っていたのかもしれない。
この日はランチ以外休まず打ち込んだのは魚を釣りたいのもあったけどフライフィッシングが楽しいすぎると思い休む気にはなれなかった。ちょっとした事だけど新たな試みを持つだけでフィールドの雰囲気は変わるものだ。
c0335421_16062679.jpg
5月20日
19日に行く予定だったけど天気予報は最低気温2度に最高気温3度で雨から雪マークに風速6メートル。状況が悪すぎて家族からの猛反対を受けた結果、日曜日に変更する事になった。正直なところ自分の心も折れてましが…
c0335421_16065046.jpg
先週とは違いワカサギが岸よりして生命感あふれる岸際に会話のトーンも上がる。
結果はイトウ1アメ3バラシ3と私にとってはかなり良い方だった。
c0335421_16193196.jpg
なれないバーブレスでファイトする余裕なんてなかったのですべて秒殺した。釣り上げたイトウはLサイズ。産卵に参加したのかわからないけど傷だらけでコンディションは良くはなかった半面アメマスはプリプリでいい引きだった。
c0335421_16060831.jpg
次回は秋もしくは来年になると思うけれど大人のイトウとの出会いを期待している。
2018年5月12・20日











[PR]
by sawayakasawade | 2018-05-26 09:36 | 釣行 | Comments(2)
Commented by slowfishing-yun at 2018-05-31 14:09
サワデーさん、こんにちは。
北大島で見た石の生簀は、もしやサワデーさん作でしたか?
Commented by sawayakasawade at 2018-05-31 21:24
> slowfishing-yunさん
YUNさん こんばんは。たぶん私が作成したものと思われます(笑)
1週間後も健在でしたか。
1匹イトウがつれて、もっと大きなイトウが釣れるかも知れないと思い作成しましたが、その後小さいアメマスしか釣れませんでした。
本流も好きですが湖も捨てがたいですね。
此れからもフィールドでお会いすると思いますがその際は宜しくお願いいたします。
<< 6月は本流へ 2018年3~4月 春の釣り >>